電脳主婦の【総CD→FLAC化計画】

NAS(ホームネットワーク上に置かれるファイルの倉庫みたいなもの)

AVアンプ(色々な音源を入力してスピーカーから音を出すための機械)

を注文してから

ホームネットワーク上に家のCDを全部データ化して
いれてしまおう計画が勃発して

FLAC形式で管理できるフリーソフトを物色♪

FLAC形式!?!?がなんのことだかわからない人に

ちょっとだけお勉強♪
※かなりざっくりみさお流にですので細かいツッコミがある場合は補足してねっ!

仮に
音質を点数にしてみます

CDの音のクオリティを100点基準とすると
一番普及してるMP3形式は=圧縮率にもよるけど
70点~90点みたいな感じ?

んでもって
データの容量はというと
CDの生データを100とするとMP3は10~30とかなんですよね。
だからipodみたいなたくさん曲を入れられる携帯mp3プレイヤーが流行ったのです。
携帯プレイヤーとかだと元々CDの音質を100点で表現出来てないから
MP3でも充分音質的に綺麗に聞こえる気がするわけなのです。

んでもってこれを
音質はCDの音質100点のままで
データ容量を100以下に出来ないの?

って話になるんだけど
そこで登場するのがFLAC形式

つまりCDをCDそのままの音質で
CD生データより少ない容量で保存出来る
画期的なファイル形式なのです。

さらには、CDより音質が高い形式でも保存再生が出来るので
(対応してるプレイヤーやアンプが必要)
音質120点のデータがオンライン販売とかで買えちゃったりする時代なのです。

携帯プレイヤーとか
PCのスピーカーで聞くだけならmp3で充分

なんだけど
こんど我が家にやってくるAVアンプとスピーカーは
素人が聞いてもわかるくらいに
しっかりMP3とCDの音を違う音で表現するので

そんなわけでうちにあるCDを全部
FLAC形式でネットワーク上の倉庫に全部入れて
AVアンプでそこから再生しちゃおう!
という計画なのですっ

はぁ長くなってしまった・・・。

で、簡単に管理出来るソフトないかな~って探してて
気に入ったのが

MediaMonkey

いやぁ~このソフト、久々に個人的にヒットしたフリーソフトだわぁ

ituneを使ってる人は多いと思うんだけど
(私も今まではituneだった)
動作が重いのがネックなんだよね。

それにくらべると、MediaMonkeyの軽いこと軽いこと
とにかく軽快です。

CDを片っ端にPCに取り込んで
FLAC形式にしていきます。

f0238393_21235934.jpg


こんな風にアルバムジャケットを含むすべてのデータを
amazonとかから引っ張って来て自動で入力出来るので
管理もとっても楽しい。

自分の持ってるCDがどんどんPCに入ってデータベース化されるのは
かなり快感ですwwww

ただ邦楽はデフォルトだと結構文字化けしちゃう事が多くて
何か方法があるかもしれないんだけど、今のところ一工夫が必要な感じで使ってます。

他にオススメのソフトあったら教えてね~♪

この調子で全部のCDをFLAC化したら
NASに全部移して、AVアンプから再生して楽しみたいと思います。

CD音質なのにCDを入れる必要がないという
素敵な快感まであと4日ですwww


今日はこのあと
フロントプレゼンススピーカーという
上の方に置くスピーカーを設置します。

シミュレーションで作ったこの上のやつです。
f0238393_17485414.jpg


この上のスピーカーがどんな役目を果たすかは
別の機会にレポートしますが、こやつ凄いのですよぅ

リアルで見るとキャットウォークの上
f0238393_2130102.jpg


ここに置きますっ

f0238393_21303645.jpg


でもハシゴとかないので
テーブルの上に3段階段を載せて登ってみようと思います。
スピーカーの線はすでに配線済みなので上にあるはず!

うまく設置できたら、また写真撮りま~す♪

そんなわけで久々に3位に転落してしまいましたので
力いっぱい愛のポチをお願いしますね~!!

明日は外構を久々に再開しまーす。
ではでは!

つか誰も突っ込まないけど
最近のブログ記事、どうみても主婦の記事じゃないわな(苦笑
男っぽくてごめんねっ!w



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

  by j-misao | 2011-02-20 21:35

<< スピーカーがやってきた♪ 住んでみたよレポート【初めての... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE